« 2012年1月 | トップページ

2012年2月 6日 (月)

釜石の奇跡と言われるが

「釜石の奇跡」という新聞報道には違和感を抱いてきた。ある防災の専門家も、「あれは奇跡ではなく必然だ」という。実際朝日新聞の記事によれば、学校管理下での児童/生徒の死亡は大川小学校を除くとほとんどない。数見氏の「子どもの命は守られたのか」(かもがわ出版)でも、欠席等の児童の死亡を含めても一般住民の1/8程度にすぎない。全体としてみれば、学校はよく児童・生徒を守ったといえるのだ。

さらに「あら探し」をすれば、釜石の実践も、片田さんが構想したことができなかったという意味では失敗事例なのではないかとさえ思う。理由は学校管理下になかった生徒の死亡だ。学校管理かでは誰一人亡くならなかったが、当日病気等の生徒5名が死亡・安否不明である。4人は欠席や早退、ひとりは避難後に家族と合流してから行方不明。この結果は、片田さんが目指したような「自分の命は自分で守る」が教育として徹底していなかったことの証とも言える。より正確にいうなら、その教育は「学校」という場でのみ有効であった。生徒は、「学校管理下だから学校で習ったように行動した」のかもしれない。片田さんは、本来このことを乗り越えたかったはずなのに。

 休んでいた子どもはどのように被害にあったのか。被害に遭った割合はどの程度なのか、その検証が片田実践を乗り越えて、学校にいようがいまいが「自分の命は自分で守る」子どもを育てるためには必要なのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

教育関係者必読の書:子どもの命はまもられたのか(数見隆生)

31:数見隆生 (2011) 子どもの命は守られたのか:東日本大震災と学校防災の教訓 かもがわ出版
 新聞は悲劇ばかりを大きく報道するが、東日本大震災では、学校管理下ので児童・生徒の死亡率は住民の死亡率を大きく下回る。この本を読めば、それが決して「釜石の奇跡」なのではなく、三陸沿岸部の必然であったことが分かる。「守られたか?」というタイトルは多くの場合修辞的なものだが、この事実は教育関係者が誇りに感じていい成果だ。一方、「大川の悲劇」も、大川だけの問題としてでなく、こういう広い文脈の中において、多くの場で学校が子どもを守れたのに、なぜという視点でとわなければならない。
 読み終わった翌日、大学院の授業で、静岡の防災教育や学校での災害後の対応についての研究発表を聞いた。脳天気さに愕然とした。「原則留め置き」の内容すら正確には教職員に行き渡っていないのだ。これでは同じ、いや三陸以上の惨事に遭遇してしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ