« ごろごろ | トップページ | 安全教育のチャレンジ »

2010年11月11日 (木)

自分で考える

 野外活動の授業では、授業開始前にツールボックスミーティングを行う。活動場所の地図を見せたり簡単に口頭で説明をしたあと、1分ほど、どんなトラブルの可能性があるかを考えてもらう。とにかくリスクに意識を向けてもらおうというねらいだが、始めて行う活動も多いので、彼らの中からリスクの指摘が少ないのは、まあ仕方ないのかなとも思う。
 昨日は、リスクを主題にした授業を行った。僕が安全に関する委員をしているOBSの浜谷さんにやってもらったものを参考にしたものだ。最初は何も言わずに、活動場所まで移動。その間、わざとテニスコートの中を通過したり、林の中を通過する。テニスコートでは当然のようにラケットを使ってボールを打っている。通過の様子を見ていると、特に注意の度合いを高めるでもなく、漫然と広がったまま歩いている。集合後に尋ねると、テニスコートでのリスクを感じた学生は1/3程度。では、それについて何か対応しながら歩いたかと尋ねると、手を挙げた学生は1名のみだった。
 次にウォームアップとして、3人の中間に立つ人が身体をゆっくり傾け、両脇の人に交互に体重を預ける活動を行った。後ろ向きに倒れるのはけっこう怖い。「じゃあやって」といっていきなり始めようとする3人を制止して、「本当に大丈夫?」まわりのみんなも声を掛けてみて、と促すと、少しづつリスクの正体とそれへの対処法が明らかになってくる。挙げられたことに注意しながらやってみるが、実際にやると気づかなかったリスクがさらに挙げられる。「時計が当たる」とか「服がすべる」などは、確かにやってみないと気づけない点だろう。
 次はメインメニューのバックフライング。ここでも、ある程度のインストラクションをした後、「じゃあやってみようか」というと、いきなりやろうとするので、再び「本当に大丈夫?考えられるリスクへの対応はした?」と問いかけると、そこで始めてグループ内で声を掛け合い、確認が始まる。その時一番不満だったのは、今さっきでたばかりの「服がスベル」「時計が当たると痛い」に対して、対応行動をとった学生がいなかった点だ。
 自分で考える、っていうのは、こんなところからスタートするのかもしれない。

|

« ごろごろ | トップページ | 安全教育のチャレンジ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/138791/49995377

この記事へのトラックバック一覧です: 自分で考える:

» i wanto to believe... [o45105050のブログ]
藤丸です。ダルビッシュ夫妻離婚危機!(身長差ありすぎ!)今週発売となった「女性自身」(光文社)と「週刊女性」(主婦と生活社)では、口々に"ダルビッシュの知人""球団関係者"らが、紗栄子を糾弾。一流アス リートであるダルの体調管理を怠っていた、育児放棄して仕事ばか...... [続きを読む]

受信: 2010年11月11日 (木) 18時43分

« ごろごろ | トップページ | 安全教育のチャレンジ »